商品比較

外国製のプラセンタでも安全?

プラセンタの種類は、主にヒトプラセンタ、豚・馬・羊・植物性プラセンタなどがあります。
それぞれ特徴が異なり、摂取方法も異なります。
例えば、ヒトプラセンタに関しては、日本では医療機関でなければ摂取することができません。

それ以外の原材料を使用したプラセンタは、サプリメントとして摂取する事が多いです。
動物性の中でもとくに人気なのがhttp://www.savvyjobseeker.com/horse.htmlで紹介されている馬の胎盤が原料のものです。

また、羊のプラセンタは特定の国でしか作られていないサプリメントです。
なので羊のサプリメントを摂取するためには、外国製のサプリメントを摂取することになります。

そのほかにも豚サプリメントや馬サプリメントなども海外製のものがたくさんあります。
多くはネットなどで購入することになる場合が多いです。
外国製の中でもアメリカはサプリメント王国といわれています。

なぜならアメリカは日本の健康保険制度とは異なります。
保険会社に加入する必要があり、保険内容によってカバーしてくれる医療内容が異なります。
毎月の保険料と病院での診察料など、自己負担する金額がとても高いです。

そのためアメリカでは、病院にかかるよりも民間薬などを使用する場合が多いです。
民間薬を使用して、早い段階で治すことを優先されるので、医薬品の進化がとても進んでいる国です。
そして普段から病院にかかるリスクを減らすために、サプリメントを使用して健康を維持するという意識が高いです。

なので日本よりもサプリメントの使用率も高く、多くの商品が開発されています。
ジェネリック商品も多く、サプリメントも比較的に安価で手に入るものが多いです。
これらのことを考えても外国製のサプリメントは優れている点も多くあります。

ただし気をつけなければいけないことは、安全性を見抜くということです。
海外製のものは種類も多く、何をどう選んだらいいのか分からない人が多いです。
まずは製造会社や販売先が明確になっていて、信頼できる会社なのかどうかが重要です。

会社の実績や口コミなどで実際使用している人の意見なども参考にしてから購入するようにしましょう。
海外のサプリメントは日本製のものに比べて、一粒一粒が大きいと感じることが多いようです。
なので錠剤が苦手な人は、気をつけて購入しましょう。
http://www.sdta.jp/dn2.htmlには、メリットの多いプラセンタの気になる副作用についてかかれているサイトがありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 生命の源である栄養素 All Rights Reserved.